市民の方へ
健康・医療・福祉
国民健康保険
いろいろな給付制度と一部負担金について

入院時食事療養費

日本人気超絶の大中産業株式会社 溶接用液晶プレート付溶接面(EP-330) アイプロハード(EYE PRO HARD)反応スピード1/25000秒 遮光度♯11 お買い物マラソンxポイントアップ【店内全品ポイント2倍】 4日20:00~9日1:59新作の店舗

入院中の食事にかかる費用のうち、1食あたり260円(住民税非課税世帯等は210円)を負担していただき(標準負担額)、残りを「入院時食事療養費」として国保が負担します。

入院時の食事に係る標準負担額(1食あたり)

一般加入者 260円  
住民税非課税世帯
低所得〔2〕)
過去12ヵ月の
入院日数
90日までの入院 210円 該当している方は、市役所 市民部ほけん課及び各支所市民係に申請をすると申請月の初日(長期該当の場合には申請月の翌月の初日)から認定された減額認定証が交付されますので、それを病院窓口へ提示してください。
<申請に必要なもの>
・保険証
・印鑑
・入院日数の確認できる領収書等(長期該当のみ)
※長期該当とは、減額認定後の12ヵ月の間に 、入院日数が90日を越えた場合に申請をすることによって認定されます。
・世帯主及び該当者のマイナンバーカード(個人番号カード)または個人番号通知カード
・届出人の本人確認書類
90日を超える入院
(長期入院)
160円
低所得〔1〕 100円

※保険者がやむを得ないと認めた場合には、申請に基づき食事の標準負担額の差額支給を行います。

  • 市民部 ほけん課
  • 電話 0967-22-3145